これからのリフォームはどう変わる?最新技術をご紹介!

高齢者が利用する際のリフォームの最新技術を確認しましょう

AIがあればたとえシニア家族と離れていても安心安全

シニアが住生活を送る際、快適な住まい空間の確保や安心安全な生活を過ごせるようにするのは健康長寿の生活を送るうえで欠かせません。近年の最新技術は複数あるので確認しましょう。

調理設備は、ガスよりもIHクッキングヒーターにしておくだけで、火事のリスク軽減が見込めます。また、Siセンサーを導入により消し忘れや過熱防止ができます。特に単身シニア世帯であったり、認知症家族がいる場合は安全性が増します。

キッチンの高さについても、概ね85センチの高さが相場となります。それを、80センチにしたり更に下げるのも可能なケースがあります。使用する人の身体の大きさに合わせた素材にすれば、日々調理をする際に足腰の負担軽減を図れます。その他、移動の幅をできる範囲で広くするのも、転倒や怪我の防止にも繋がります。

シニア向けのトイレリフォームも、最新の技術を導入されています。肘掛け椅子に座ったような感覚になる素材や、便座を長時間座っても疲れにくい形状にしているタイプもあります。その他、冬場の冷えが気になる人向けに便座に暖房をつけていたり、臭い対策の用途で脱臭機能を付けるケースもあります。また、便器の汚れが付きにくい素材にしている機器も増えています。例えば、便器の縁の除去や水垢が付きにくい素材のものを使用するなど、各メーカーで様々な手段を採用しています。除菌効果も見込めるため、感染症対策の観点でも有効な手段となります。その他、洋式便器で男性が立小便をした際における飛び散り対策もしている素材もあります。それぞれについて自分なりに各種研究をして、ライフスタイルに合ったトイレリフォームをしましょう。

シニアが快適に過ごせるための施工

AIを用いたリフォームを採用している会社が増えています。例えば、防犯設備の設置や自動で室内温度を調整して、温度や湿度対策をしてもらえるなど、便利な機能があります。その他、調理をはじめ生活における情報提供もしてくれます。より豊かな機能を味方にできれば、たとえ家族と離れていても心強さを得られます。

省エネ対策が図れば光熱費節約以外のメリットが得られる

近年では、省エネへの取り組みを図っている建設業者が増えています。地球温暖化の防止や光熱費の削減以外では、利便性も高まるうえ快適な空間の確保ができます。シニアの場合でも、たとえ夏や冬でも健康的に暮らしやすくなるでしょう。様々なメニューがあるため、確認しましょう。

風呂やトイレのリフォームで快適な住まい空間へ

シニアの場合で、風呂やトイレが快適に使用できれば、心身のリフレッシュ以外に身体への負担軽減ができます。各メーカーで最新技術を用いたリフォーム施工を設けています。また、家屋だけでなく住宅型福祉施設でも採用も見込めます。各種確認をして、自分たちに合ったリフォームをしましょう。