高齢者が利用する際のリフォームの最新技術を確認しましょう

シニアが快適に過ごせるための施工

AIにできること

AIにより人工感知機能を作動をしてくれると、生活面のサポートを受けられます。例えば、タイマー設定をして、起床時間になれば全ての室内でカーテンの開閉をしたり、冷暖房の作動により適温にしてもらえると生活を送る際の負担が減ります。特にシニアの場合は体調管理にもなるので、健康面でもメリットが得られます。

また、タイマー設定により自動施錠をすることや夜間の照明を自動点灯ができれば、防犯対策の観点では高い効果となるでしょう。その他、浴室の自動お湯はり機能もあれば入浴の際のサポートが受けられます。

AIによる遠隔操作は、シニアだけでは難しい場合があります。家族が代理でするのも1つの方法です。予め家族と相談したうえで、ライフスタイルに合ったタイマー機能の設定をしましょう。

情報提供もしてくれる

LoT住宅をリフォーム施工として採用している企業も増えており、有効活用できれば生活面のサポートにもなります。

玄関ドアを顔認証や専用のカードを用いて開閉をしてくれると、セキュリティーの観点でプラスの効果を得られます。スマホのリモコン操作により、鍵の開閉も操作できれば離れていても安心です。トイレ使用において、排泄時間の記録ができれば健康管理にも役立ちます。特に介護を必要としている人には、担当スタッフに情報提供が可能となります。その他、掃除ロボットがあれば、衛生環境づくりの観点でも役立ちます。豆知識として、バリアフリーの設備にすれば、掃除ロボットもスムーズに作動をします。ドアを引き戸にすれば、LoTへの対応がスムーズになるでしょう。


この記事をシェアする