高齢者が利用する際のリフォームの最新技術を確認しましょう

省エネ対策が図れば光熱費節約以外のメリットが得られる

断熱効果により得られること

断熱の用途で施工をする際、窓のリフォームは1つの方法となります。例えば、用途に合った素材にする以外に二重サッシを取り入れて気候が室内に入るのを保護する役割を果たします。参考までに、冬に室内から熱が逃げる場合、窓が58パーセントとなっているデータもあります。断熱性の確保をする際、窓の補強は必要な部分となるでしょう。

壁も室内から熱が逃げやすい箇所となります。壁の中に発泡プラスチックをはじめ断熱材の補強や外張や重填を加えたハイブリット断熱による工法もあります。

床断熱ができれば、足元の冷えの対策が可能となります。近年では床暖房を取り入れている場合もありますが、ガス料金は発生します。断熱材の補強により、光熱費削減以外に環境に優しくなる効果を得られます。


太陽光発電や蓄電池もあり

太陽光発電や蓄電池の導入により、環境に優しい建物になります。太陽熱を使用して電気を流すので、二酸化炭素の排出をさせません。地球温暖化対策にもなるうえ、施工により補助金支給や電気買取ができるのも強みです。

また、太陽熱による作動により、地震や落雷のような災害を受けて停電となってしまっても、非常用電源がある状態となります。特にシニア世帯であれば、緊急時に足元など暗い状態にあれば、避難時の負担が増すので頼れる味方となるでしょう。

断熱効果の観点でも、屋根材の下に野地板を設置すれば、夏や冬に温度調整が図れます。その分、エアコン使用量が減るため、光熱費節約が見込めます。

しかし、補助金申請などを加えても、初期費用は安くありません。ライフスタイルに合ったプランを選びましょう。


この記事をシェアする